前へ
次へ

買取額はかなり高めな明治や大正時代の切手

切手は、色々な時代に発行されています。昭和時代には多くの切手は発行されましたが、明治や大正時代も同様です。明治時代の切手ともなると、円ではなく銭という単位が採用されています。その時代の古い切手は、たまに買取が検討されています。何らかの方法で切手を買ったものの、不要になってしまう事もあるでしょう。そのような状況なら、高額買取になる確率が比較的高いです。明治や大正ぐらいの時代ですと、買取価格が100万円以上になる切手も存在します。実際過去には、明治時代に発行された切手の買取価格が、1000万円を超えた実例もあります。切手の買取額としては、かなり高い方です。ですから古い切手を持っているなら、買取店に提示してみる価値はあります。ちなみに買取価格は、古い時代の切手ほど高くなる傾向があります。昭和時代の切手よりは、総じて明治などの古い時代の方が、価格は高まりやすいです。古い時代の切手ですと、プレミア価値が非常に高いからです。

none

Page Top